愛真道場 いわせ接骨院は、千葉県茂原市にある接骨院です。当院は皆様の真の健康と幸福づくりに役立つ医療を実現するため努力しております。

パウル・シュミット式バイオレゾナンス

  • HOME »
  • パウル・シュミット式バイオレゾナンス

HUS2:生活習慣と環境 パウル・シュミット式バイオレゾナンス

『パウル・シュミット式バイオレゾナンス』では、「生活習慣と環境」に隠れている原因を検査・分析して、それを削減し、ハーモナイズで体内環境のトリートメントをします。
気の流れの滞り(体調不良)は、生活習慣・環境に以下のような原因に起因します。
① 金属汚染(水銀・鉛・アルミ・パラジウムなど重金属の影響)
② 化学物質(農薬・殺虫剤・防腐剤・食品添加物・薬品などの影響)
③ 電磁波障害(携帯電話・家電製品・パソコン・コードレスフォンなどの影響)
④ ジオパシック・ストレス(水脈や断層、グリッドの放射帯による影響)
⑤ 潜在感染(ウィルス・細菌・カビ・寄生虫などの影響)
⑥ 心理的・精神的ストレスの影響

パウル・シュミット式バイオレゾナンスの原因指向トリートメントにより気の流れの滞り(体調不良)とその原因を測定し、削減、調整(ハーモナイズ)します。

 

パウル・シュミット式バイオレゾナンスとは

すべての物質は振動から成り立っており、相互効果(共鳴)関係にあるという量子物理学の父マックス・プランクの考え方からパウル・シュミットが発明した療法です。
気の流れ(生命エネルギー)の滞りとその原因を測定し、原因を削減、調整するための最適な枠(生物学的窓)が長年の研究から明らかにされ、効果はあるが副作用がないという安全な方法であることが研究機関でも実証されています。
現在、世界29か国に普及し、医療先進国のドイツでは多くの医療機関で導入されています。

※アレルギー(不適合)減感作ハーモナイズ

関節炎の原因にもなっている偽アレルギー(不適合)。偽アレルギーでお困りの方には、アレルゲンの周波数で減感作ハーモナイズをおすすめしています。偽アレルギーは体内環境にも原因があることが多いので、バイオレゾナンスRAHテストに加え、グローバルテストセットでアレルゲンの波動テストを行い、ハーモナイズプログラムを作成します。

施術内容

  1.STI自動テスト

 

※はじめての方は、こちらからご予約下さい。

レヨコンプ1000ポラーSTIモジュールによる自動周波数レンジテストで、気の流れの滞りの強い順に共鳴基本周波数68個の測定をします。
計測した基本周波数のハーモナイズを行い、気の流れの滞りを整えます。

  2.STI波動調整

 

STI自動テストで測定した共鳴基本周波数68個の気の流れの滞りをハーモナイズして調整します。
週に1〜3 回のペースで5回以上ハーモナイズ調整することにより、弱い滞りは調整されますが、生活環境や習慣が原因の滞りは残ります。

  3.院長波動テスト

 

STI波動調整が5回終わったら、一週間程度あけて、ご予約下さい。
レヨコンプ1000ポラーRAHモジュールで、波動テストを行います。気の流れの滞りの原因となる、食事などの生活習慣、電磁波や、有害物質、かびなどの生活環境を分析して、影響を緩和するためのカウンセリングを行い、身体の機能を早く回復させるためのハーモナイズプログラムを作成します。

お気軽にお問い合わせください! TEL 0475-20-4756 診療時間9:00~12:00, 14:00~18:00
休診日 日曜日、祝祭日

 
PAGETOP
Copyright © 愛真道場 いわせ接骨院 All Rights Reserved.