愛真道場 いわせ接骨院は、真の健康と幸福づくりに役立つ施術技術を実現するため日々研鑚を重ね学び続けています。

バイオレゾナンス

  • HOME »
  • バイオレゾナンス

生命力を低下させる原因を測定し、調整する

生命力の低下(体調不良)は、何らかの健康阻害要因が影響して起こります。その要因には以下のような代表的な物があります。

①金属汚染(鉛・アルミ・水銀・カドミウムなどの金属の影響)
②電磁波障害(高圧線、携帯電話・パソコンなどの電磁波の影響)
③潜在感染(ウイルス・細菌・カビ・寄生虫などの影響)
④化学物質(農薬・殺虫剤・食品添加物・防腐剤などの影響)
⑤内因・精神的ストレス(生体、自分自身でストレスなどの影響)

当院では『パウルシュミット式バイオレゾナンス』を導入し、さまざまな体調不良の原因を見つけ出し、その原因に対して調整を行っております。

 

パウルシュミット式バイオレゾナンスとは

すべての物質は固有の波動を持つこと(波動共鳴現象)を応用して、パウル・シュミット氏が完成させた療法です。この療法は、多くの医師や治療家の協力を得て「ドイツ振動医学」として確立されています。
大きな特長としては、体の異常の原因を周波数の値から見つけ出し、原因に対する周波数を体に送り生命エネルギーの調整を行います。
現在、世界28ヵ国に普及しており、医療先進国のドイツでは多くの医療機関で導入されています。

アレルゲン減感作

アレルギーでお困りの患者様には、「パウルシュミット式バイオレゾナンスによる原因測定のテスト」と「アレルゲン減感作」を行う「初回テスト 90分」をおすすめしております。

※アレルゲン減感作(げんかんさ)とは
患者様の「アレルギー症状を引き起こす原因となるもの」をほんの少しずつ体内に入れて、徐々に増やしていくことで、それに対する過敏な反応を減らしていこうという施術です。

お気軽にお問い合わせください! TEL 0475-20-4756 診療時間9:00~12:00, 14:00~18:00
休診日 日曜日、祝祭日

PAGETOP
Copyright © 愛真道場 いわせ接骨院 All Rights Reserved.